分流式下水処理場・ポンプ場用洗浄分離プラントの株式会社サンエイ

Top message

代表取締役 東 利保

 就職活動中の皆さん、今回は弊社のホームページまでお越しいただきありがとうございます。サンエイは「環境」をテーマに水処理施設の設計プランニングから図面構築。 施工管理やエンジニアリングまで、ニーズやケースに合わせた総合的な提案を行い、水環境の整備に関わることで未来の「暮らし」や「地球」を守ることに貢献します。
 また、近年では3D-CADを導入し、よりお客さまからのニーズに対応した高精度・高品質な図面作成を実現しています。自社製品開発においても社員がそれぞれアイデアを出し合い、各種特許を取得するなど自社製品開発にも積極的に取組んでいます。

私は2016年に前社長 東利保から引継ぎ代表取締役に就任しました。これまで当社の基盤は構築されつつあります。近年、大きく変化するこの時代、我々は更なる進化、 様々な分野への挑戦を考えています。
 これからは下記に出てくるメンバーと皆さんとで更なるレベルアップを目指してい ただきたいと考えています。採用活動にはもちろん私も参加しますが、これから一緒に 歩んでいく弊社メンバーとコミュニケーションをとっていただき、「この人たちと一緒 に働きたいか?」「この人たちと一緒に夢をかなえたいと思えるのか?」を判断してください。ぜひ私たちと一緒に新たな時代を切り開いていきましよう。ぜひ私たちに力を貸してください。お待ちしています。

Message from employees

設計部 技術課 課長 森本

私は設計部で下水処理場を新たに建設する際、また古い設備を新しい設備に変える際にどれぐらいの規模で、どのようなシステムを採用し、どれぐらいの費用が必要なのか?を見積もるための設計図を作成しています。自治体から要望があった施設の建設を顧客と一緒になって設計し、実際にその設計が現地に当てはまるのかどうかを確認しています。現地での確認は関西圏を中心としているので、名古屋から沖縄までをテリトリーとして出張もしています。自分が手掛けた設計で皆さんの当たり前を実現できていることにやりがいを感じています。またサンエイは年齢に関係なく、任せることができる人材にはどんどん任せてくれる体制が整っています。私も入社してから「こんなことまで!」と思えることを任されてきましたし、それを経験することで身についた技術力が顧客から認められることに繋がります。現在は人材を育成するための研修を外部に受けに行き、サンエイにどれが当てはまるかどうかを組み立てることも任されています。

私たちの仕事はカタチのないものを1からつくり上げていく仕事です。そのためには顧客や社内のメンバーとのコミュニケーションが欠かせません。黙々と仕事をすることも大切なのですが、時に相談し、時に議論し、一緒になってつくり上げていく仕事です。若い皆さんには、知識ではなく人と話すことが好きかどうか?人に好かれるかどうか?元気があるかどうか?を求めたいと考えています。皆さんも私たちと一緒に当たり前の生活を当たり前に実現する仕事に携わってみませんか?

森本課長の1日のスケジュール

8:30

出勤

メールチェック

9:00

朝礼

声だし(大きな声を出すことで「さぁやるぞ!」という気持ちの切り替えになります)
グループミーティング(私が責任を持っている部署のメンバーと1日の仕事の流れと割り振りを行います)
チームリーダーミーティング(各部署のリーダーが集まって現状認識を行います)

9:30

業務開始

顧客と打ち合わせを行うための資料作成
※先ほども記述していたように、顧客と一緒になって設計図を作成する際、新しい水処理機械の知識や設備を改造する際に他の設備にどのような影響を与えるのか?配管を交換するのか延長するのか?など事前準備が大切です
(新しい機械の知識は各機械メーカの展示会やカタログだけでなく、直接電話で問い合わせをしたりして勉強します)

12:00

昼食

お昼休憩は1時間、会社近くは便利な場所なので食事をとるお店もたくさんあります

13:00

顧客と打ち合わせ

下水処理場は日本に2000か所以上、中継ポンプ(低いところから高いところへ水を汲み上げる施設)は数万か所。午前中に準備した資料なども利用し、より良い設計図をイメージします

15:00

設計図の作成

打ち合わせ内容から、それを図面に落とし込みます。
ここまでくるとある程度のイメージができていますから疑問や質問は電話で確認します(現地への確認は、設計図がある程度カタチになってから行います)

19:00

部署内での進捗状況の確認

もちろんその都度相談を受けていますが、1日の業務がどこまで進んでいるのかを確認します。

20:00

退社

自分の仕事はもちろん、部署内のメンバーの仕事に目途が立ってから会社を出るようにしています

設計部 1課 課長 村上

私は設計部1課という部署で設計の仕事をしています。おもに設計1課では各プラントメーカーより依頼が有る施工用設計図を作成しています。施工用設計図は現場や工場で必要になる図面で建設資材・建設機械等の細やかな知識が必要とされています。常に現場と隣り合わせの状況に有り、設計図通りの物で製作され工事が進んで行くので失敗ができないプレッシャーはありますが 自分の設計図がカタチになることはダイナミックであり、それが思うように動いた時は快感です。これは設計者ならではのやりがいではないでしょうか?ただ、私自身はこのように仕事を任されるようになるまで、非常に時間がかかった人間だと思います。全く知識のないところからスタートし、東社長直々に指導していただきました。もの覚えが悪く、時に厳しい!?指導もありましたが、東社長は私を一人前にするために指導してくれていると愛情を感じましたし、技術だけではなく人としてという部分の指導もしてくれました。今の私があるのは東社長のおかげですし、東社長の人柄に魅かれて入社した私にとって入社前後のギャップはなく、次は私が恩返しをする番だと考えています。

私は元気のよいメンバーと一緒にサンエイを盛り上げていきたいと考えています。技術は入社してからで充分ですし、やり続けることができれば必ず身に付きます(全く知識のなかった私が言うのですから安心して下さい!)。若くてやる気のある元気な皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

村上課長の1日のスケジュール

8:20

出勤

メールチェック。私は前日に次の日のスケジュールを立てるので、メールの内容を連動させ、振れる仕事は同じ部署内のメンバーと共有し、指示を出します

9:00

朝礼

声だし(挨拶用語を大きな声で唱和するのですが、私の好きな挨拶用語は「はい、喜んで!」。この精神でお客様に接しています)

グループミーティング(部署内ミーティング)
チームリーダーミーティング(各部署のリーダーとミーティング)

9:30

業務開始

設計図面の作成や新規依頼業務のまとめを行います

11:00

外出(お客様と現場調査)

設計図では見つけることのできない隠れた要素を現場に行って確認することで見つけ出し、変更を行います

17:00

帰社

現場調査で見つけ出した問題点や変更点を書類にまとめます

18:00

図面チェック

部署内のメンバーが作成した図面をチェックし、必要であれば指導します

19:30

スケジュールの作成

明日の仕事を把握し、優先順位をつけ、何から始めるかなどを考えて明日の準備を行います

又、部署内のメンバーの進捗状況を確認します

20:00

退社

Requirements

勤務時間 9:00~18:00
残業あり(月平均20~30時間、残業手当)
勤務地 本社
大阪市西区阿波座2-1-1
大阪本町西第一ビルディング4階
地下鉄御堂筋線、中央線、四つ橋線「本町駅」
23番出口から西へ徒歩5分
福利厚生 交通費全額支給、社会保険完備、退職金制度有
社員旅行(全額会社負担による)
忘年会、新年会、花見 等々(全額会社負担による)
社員保養施設所有
昇給賞与 昇給年1回(10月)
賞与年2回(7月、12月)
休日休暇 年間休日110日以上、有給、慶弔


マイナビ2018
放射性セシウムの汚染土壌を除染および減容化のための実証実験に、大阪大学の協力企業として参加しています。

サンドポンプでの直接投入

基本的な処理手法で、サンドポンプで揚砂した沈砂を洗浄します。

サンドポンプ+サイクロン併用

サイクロンを設置することで、サンドポンプの運転を長くし、装置内最大...

沈砂ホッパー上部設置

サンドポンプで揚砂した沈砂を洗浄後、直接沈砂ホッパーに排出します。

沈砂分離機上部設置

サンドポンプで揚砂した沈砂を洗浄後、沈砂分離機に...

サンドポンプ+スクリーンユニット併用

除塵機の目巾が大きい場合、または細目除塵機が設置...

サンドクリーン(沈砂揚砂機対応仕様)

雨水沈砂池で使用。大容量の沈砂揚砂機に対応し、連続...

スクリーン内蔵型

細目除塵機が設置できない処理場に有効 ドラム型スク...